for sibs ~兄弟姉妹を自死で亡くした人の語り場 in Nagoya~
私たちは兄弟姉妹を亡くした人同士の「分かち合い」の会の主催を目的として立ち上げた任意団体です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
命日うつ
5月は自殺率の高い月なので、命日うつになる自死遺族の方も多いのではないでしょうか?
私も実はその該当者で、漠然とした不安感がつきまといます。
もう自分はそんなに長く生きられないだろうなって、人からは笑われちゃうかもしれないけど真剣にそう思います。まだ20代なのに…

兄が死んでからもう三年も我慢して生きたからもう十分じゃないか、という開き直りもあるけど、この不安感は本当にそれが起きたわけでもないのにやたら不安で仕方ない。

これ以上この仕事続かないんじゃないか、お金がなさすぎてお金に殺されるんじゃないか、自分が人生で本当にやりたいことは実はできないんじゃないか、子供ができないのではないか、人から嫌われてるんじゃないか、怒鳴ってしまうのではないか、人を傷付けてしまうのではないか…等々。

漠然とした不安といえば芥川が想い浮かびます。
http://hi-5kaku.net/hi-5kaku/?p=4324
↑これを読むと本当に芥川には共感します。
特にこの、狂人になる事への恐怖というものは、自分と重なりすぎてゾッとします。

そんな不安感で顔がこわばっていると、もっと笑顔で元気に!と言われる。でもそしたら、本心はどこへいく?

by mimi
スポンサーサイト
[2014/05/17 10:44] | スタッフのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) |
| ホーム | 分かち合いします!>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://forsibs.blog.fc2.com/tb.php/98-ef0d3953
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

for sibs

Author:for sibs
for sibsとはfor siblings(兄弟・姉妹たち)の略です。自死遺族は一人一人さまざまな想いを抱えています。私たちはここ名古屋で、兄弟・姉妹を亡くした人たちのアウトプットの場所を作ろうと思い、自死遺族の二人でこの会を結成しました。

メールフォーム

お問い合わせはコチラ↓

名前:
メール:
件名:
本文:

※誹謗、中傷はご遠慮願います。又、私たちスタッフはカウンセラーや臨床心理士などの医学的プロではなく、あくまで自死遺族のひとりです。メールでのカウンセリング的な相談、質問等には一切お答えできません。また、そのような主旨の内容のメールには一切返信しませんのでご了承ください。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。