for sibs ~兄弟姉妹を自死で亡くした人の語り場 in Nagoya~
私たちは兄弟姉妹を亡くした人同士の「分かち合い」の会の主催を目的として立ち上げた任意団体です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
「いじめ」と「自殺」
前にもいじめと自殺について書いたけど、今回は別の観点から。というか、最近はじめて知ったこと。

最近は、メディアで一時期ほど取り上げられていないけど、ずっといじめと自殺はあるんだろうなあ。

いじめって、気が弱いとか、外見や家庭環境などの偏見によって、ターゲットにされるんだと思っていた。見下すような感じで。

最近、別の理由でいじめがあるって知った。最近知り合った人から直接聞いて、驚いた話。

その人は加害者側。いじめた理由は「僻み」だった、と…。

人には様々な感情があって、私も「恨み」とか「嫌悪」とか嫌な感情持つことあるけど、「ひがみ」って感情は記憶してる限りではない、って気付いて、「ひがみからいじめにつながる」ってことをはじめて知った。

その人に聞くと、自分にないものを持っていることに対して、嫉妬から僻んでしまう、ということだった。それは大人になっても変わらないみたいだった。

不思議だった。別に私が性格いいとか思わないけど、「僻み」に関しては正直理解できない。

自分にないものを持っていて、いいなあ、羨ましいなあ、ってなると、どうやってそれを手に入れたんだろう、どんな努力をしたんだろう、本人に聞いてみよう、って仲良くなりたいと思うから。

だから、僻み→いじめ、の構図があって、本当はいじめられるに値しない人が苦しんで自殺を選んでしまっていることもあり得るのか…、と思うとなんか…。理不尽。

僻むと、心が汚れて外見も醜くなりそうなのに…。卑屈な顔つきして、やたらつっかかってくるような人って、そういう感情が強くあるのかなあ。

今更はじめて知った感情。人間には一体いくつの感情があって、その中でプラスの感情とマイナスの感情はどっちの方が多いんだろう。ちょっと哲学モードになってきたので、ここまで。
スポンサーサイト
[2013/10/01 10:50] | スタッフのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<「競う」こと | ホーム | >>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://forsibs.blog.fc2.com/tb.php/85-9885507a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

for sibs

Author:for sibs
for sibsとはfor siblings(兄弟・姉妹たち)の略です。自死遺族は一人一人さまざまな想いを抱えています。私たちはここ名古屋で、兄弟・姉妹を亡くした人たちのアウトプットの場所を作ろうと思い、自死遺族の二人でこの会を結成しました。

メールフォーム

お問い合わせはコチラ↓

名前:
メール:
件名:
本文:

※誹謗、中傷はご遠慮願います。又、私たちスタッフはカウンセラーや臨床心理士などの医学的プロではなく、あくまで自死遺族のひとりです。メールでのカウンセリング的な相談、質問等には一切お答えできません。また、そのような主旨の内容のメールには一切返信しませんのでご了承ください。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。