for sibs ~兄弟姉妹を自死で亡くした人の語り場 in Nagoya~
私たちは兄弟姉妹を亡くした人同士の「分かち合い」の会の主催を目的として立ち上げた任意団体です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
亡き人の在りか
先日、ストレスに関する本を読んででいて、その中で「家族の死」というストレスについて触れてありました。

家族でも親しいほどストレスは強く、ストレスの中でも最上級のストレス度にランクするわけですが…。

「亡き人が、自分の心の片隅で微笑んでいる」、そんな存在になったら、心理的な喪からの回復ができた状態で、最低一年はかかる、と書いてありました。

片隅で微笑む、何年も経った今でもまだ私はそこまではいってないなぁ、と思いました。だいぶ穏やかにはなってきたけど、悲しくて泣きまくることもたまにあるし、思い出して涙が出ないことはほとんどありません。

いつか、片隅で微笑む、そんな存在になるのかなあ。まだまだ私には自信ありません
.゚・(PД`q)・゚.
スポンサーサイト
[2013/08/25 09:51] | スタッフのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<ヒカルの碁について | ホーム | 「忘れる」こと>>
コメント
私もいつも、夢に出てきたら死んでるし、悪夢ばかりで、とても笑顔ではないですね。
そこまでいける自信はないなぁ。
[2013/08/25 21:13] URL | mimi #- [ 編集 ]
人にも依るだろうけど、一年…は無理だなあ。年齢や死因によっても異なる気がします
ξ(・∀・`)ξ
[2013/08/26 08:52] URL | nue #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://forsibs.blog.fc2.com/tb.php/64-c44db20b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

for sibs

Author:for sibs
for sibsとはfor siblings(兄弟・姉妹たち)の略です。自死遺族は一人一人さまざまな想いを抱えています。私たちはここ名古屋で、兄弟・姉妹を亡くした人たちのアウトプットの場所を作ろうと思い、自死遺族の二人でこの会を結成しました。

メールフォーム

お問い合わせはコチラ↓

名前:
メール:
件名:
本文:

※誹謗、中傷はご遠慮願います。又、私たちスタッフはカウンセラーや臨床心理士などの医学的プロではなく、あくまで自死遺族のひとりです。メールでのカウンセリング的な相談、質問等には一切お答えできません。また、そのような主旨の内容のメールには一切返信しませんのでご了承ください。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。