for sibs ~兄弟姉妹を自死で亡くした人の語り場 in Nagoya~
私たちは兄弟姉妹を亡くした人同士の「分かち合い」の会の主催を目的として立ち上げた任意団体です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
仕方のない事
私はSNSのプロフィール写真を兄の写真にしたりしています。
悲劇のヒロインぶってると思われるかも知れない、とか、
なんでそうしてるのかとか、
色々連想されるかも知れないけど、してる本人は深く考えてなくて、
ただ頭の中は今でも大半お兄だし、大好きな人だから、自然にそうしてるだけ。
ある意味、助けてやれなかった罪悪感とか、自分への戒めもない訳じゃないかもしれないけど。
まぁ、理由云々以前に、なんか自分の中では自然なことなのだ。

周りで知らない人は当然、彼氏?とか聞いてくるけど、お兄やでーと素直に、勇気を出して言うと、案外ああそうなんだ程度で終わる。
最初は聞かれる度にドキッとしてたけど、聞きたくなるのも仕方のない事だから、相手の気持ちも分かるし。

でも最近知り合った子が、同じ質問をしてきたので、お兄だよと答えると、なんで?!すごいねーと爆笑された。
まぁブラコンだとでも思われたんだろうけど、実際ブラコンだし、まぁいいやと思って「そうだよ、だって仲いいむん」と言って終わらせて、
自分がさらしてるんだし、相手は事情を知らないんだから仕方ないと自分に言い聞かせた。
その為に写真を変えようとも特に思わなかった。

ただその子は、どうしても理解出来なかったのか、
今日その子を含め皆でご飯を食べていた時、
「mimiはすごいんだよーSNSの写真とかもお兄ちゃんにしてるんだよ」と皆の前で話題に出し、また爆笑しだしたのだ。
私は、その場でもその子を必死に理解しようと努めて、「いやー仲いいからさ」とかわした。
そこで、「死んだんだよ!馬鹿にするな!」と怒ったり悲しんだりしたら、その場の空気を壊すし、その子もとても傷付くと思ったから。

私も、その時はそんなに意識しない様にしていたが、
家に帰って、少しうつらうつらしていたものの、悔しさや悲しさで涙が止まらなくなり、今も眠れない。
多分自死遺族でない旦那に話しても「それは自分がプロフィール写真にしてるからでしょ」と言われるだろうと思い、
一人で消化するしかないこの痛みを、今ここでこうして抱えている。
自死遺族にしか分からないだろうなぁ、この気持ちは。
またこうして私は、周りとの距離を置くのだ。


こういう日は、鬱病が極限だった時期を思い出す。
もうああなりたくはないという恐怖心、焦りから、パニックになりそうになる。
今までお兄を失ってからの月日の苦しみを思い出すと、その何年間をも笑われたかの様に感じる。

やっぱりお兄のいないこの社会にいるのは無理だ、死んでしまいたい、死のうかな…
とまた自殺をかんがえる。

でも同時に、自責の念から、お兄はもっと苦しんだのだから、私ももっと苦しんでしまえ。という気持ちもある。

そして、相手を恨んではいけない、悪気はなかったんだし、外国じゃあるまいから兄弟愛をさらけ出さない、ここ日本の文化でもあるし、多少気持ち悪く思う人がいても仕方なかったんだ、と言い聞かせる。

涙をダラダラ流しながら、色んな気持ちが交差する。
こういう時の涙は、心から血の涙が出ている感じがするな。

by mimi

スポンサーサイト
[2013/08/22 03:15] | スタッフのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<「忘れる」こと | ホーム | 「お葬式」>>
コメント
いつも、nueさんにお世話になっています。


やはり、恋人や偶者がいたとしても、この気持ちまでは、理解出来ないですよね。また、友達も同じで、分からない中で話されてますよね。やはり、こちらが我慢しないといけない時が多いですよね。でも、それが、しんどくなるし、色々考えちゃいますよね。
[2013/08/22 15:28] URL | 愛 #- [ 編集 ]
どうにもならないんですよねー。
仕方ないけれど、自死遺族にとって一番ストレスで、生きづらさを感じる点ですね。
[2013/08/24 15:04] URL | mimi #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://forsibs.blog.fc2.com/tb.php/61-78b70139
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

for sibs

Author:for sibs
for sibsとはfor siblings(兄弟・姉妹たち)の略です。自死遺族は一人一人さまざまな想いを抱えています。私たちはここ名古屋で、兄弟・姉妹を亡くした人たちのアウトプットの場所を作ろうと思い、自死遺族の二人でこの会を結成しました。

メールフォーム

お問い合わせはコチラ↓

名前:
メール:
件名:
本文:

※誹謗、中傷はご遠慮願います。又、私たちスタッフはカウンセラーや臨床心理士などの医学的プロではなく、あくまで自死遺族のひとりです。メールでのカウンセリング的な相談、質問等には一切お答えできません。また、そのような主旨の内容のメールには一切返信しませんのでご了承ください。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。