for sibs ~兄弟姉妹を自死で亡くした人の語り場 in Nagoya~
私たちは兄弟姉妹を亡くした人同士の「分かち合い」の会の主催を目的として立ち上げた任意団体です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
分かち合いとは
「分かち合いの会」は、参加する人が、スタッフ含め、幸せになるためのプロセスだと思っています。

幸せになるために、遺族の死に蓋をする人、思い悩む人、根本的な解決を求める人…色々な考え方があると思います。

蓋をうまく締めることで幸せに向かえる人は、遺族会に参加したり、蓋をこじ開けなくてもいいと思います。

感情が縺れて、救いが欲しい人、同じ経験をした人と話したい人、解決方法の糸口を見つけていきたい人、そういう人にとって、「分かち合いの会」はひとつの手段だと思います。

また、プロのカウンセラーと話をするのもひとつの手段だと思います。私も行ってみようかなあ。

ある遺族会が合わなくても、他の遺族会が合う人もいると思います。「分かち合い」の場は、探してみると意外とあるもんですね。自分に合う遺族会がひとつでも見つかったら幸せなことだと思いました。

なんか仕事や人間関係みたい。10あったら、1個自分に合うモノがあるぐらいで、9は合わないもんだ、って考えるぐらいが気が楽だぁ、って思います。ってゆうか、自分に言い聞かせてます。
スポンサーサイト
[2013/08/11 11:56] | スタッフのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<「罪悪感」 | ホーム | for sibsの在り方>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://forsibs.blog.fc2.com/tb.php/56-41754886
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

for sibs

Author:for sibs
for sibsとはfor siblings(兄弟・姉妹たち)の略です。自死遺族は一人一人さまざまな想いを抱えています。私たちはここ名古屋で、兄弟・姉妹を亡くした人たちのアウトプットの場所を作ろうと思い、自死遺族の二人でこの会を結成しました。

メールフォーム

お問い合わせはコチラ↓

名前:
メール:
件名:
本文:

※誹謗、中傷はご遠慮願います。又、私たちスタッフはカウンセラーや臨床心理士などの医学的プロではなく、あくまで自死遺族のひとりです。メールでのカウンセリング的な相談、質問等には一切お答えできません。また、そのような主旨の内容のメールには一切返信しませんのでご了承ください。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。