for sibs ~兄弟姉妹を自死で亡くした人の語り場 in Nagoya~
私たちは兄弟姉妹を亡くした人同士の「分かち合い」の会の主催を目的として立ち上げた任意団体です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
タイムトラベル
今日、ずっと手付かずだったクローゼットを整理した。

小さい頃から大学の卒アルまで、いろいろとってあったもの。

あえてとっておいた、というより、捨てずにそのまましまってあった。

段ボール箱から出していくと、私が小さい頃に書いた宿題の日記や、弟の読書の感想文の宿題など出てきて、読んでいたらまた涙がとまらなかった。

弟がまだ小2ぐらいで書いた感想文の中に、「ぼくは男の子だからお姉ちゃんを守れるようになりたいです。」

私の日記の中に、「○○くん(弟)はかわいいです。」

弟と過ごした日がいっぱい書いてあって、結局今日は朝から昼まで泣きっぱなしだった
.゚・(PД`q)・゚.

そして、不思議なものを見つけた。すごく古い紙。古びてて、字体もなんか今と違う…。

開いてみると、戦時中のものが!内容は、よく分からないけど、成績表と兵士としての階級が書かれていて…。でも全く知らない人の名前。身内も心当たりない名前。

誰なんだろう?なんでこんなところにあるんだろう?年令を見ると今の中3ぐらいの男の子。身長は143センチ、体重36キロ。衝撃を受けた。それでも兵士の「資格あり」。当時はそれでも普通だったのか?日付を見ると大正時代。

ほんとうに全く心当たりがない…。誰なんだろう。

今日はいっぱいタイムトラベルをした気がした。

スポンサーサイト
[2013/08/06 19:55] | スタッフのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<for sibs今後の在り方 | ホーム | 原爆。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://forsibs.blog.fc2.com/tb.php/53-fbfb694d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

for sibs

Author:for sibs
for sibsとはfor siblings(兄弟・姉妹たち)の略です。自死遺族は一人一人さまざまな想いを抱えています。私たちはここ名古屋で、兄弟・姉妹を亡くした人たちのアウトプットの場所を作ろうと思い、自死遺族の二人でこの会を結成しました。

メールフォーム

お問い合わせはコチラ↓

名前:
メール:
件名:
本文:

※誹謗、中傷はご遠慮願います。又、私たちスタッフはカウンセラーや臨床心理士などの医学的プロではなく、あくまで自死遺族のひとりです。メールでのカウンセリング的な相談、質問等には一切お答えできません。また、そのような主旨の内容のメールには一切返信しませんのでご了承ください。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。