for sibs ~兄弟姉妹を自死で亡くした人の語り場 in Nagoya~
私たちは兄弟姉妹を亡くした人同士の「分かち合い」の会の主催を目的として立ち上げた任意団体です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
『老人が医者に聞いた苦しみながら生きる意味』
ある文章でこんな話が出てきます。

とても仲が良い老夫婦の妻の方が亡くなった後、残された老夫が、ある医者に言います。

「先生、愛する妻に先立たれ、辛くて自分が生きている意味がわかりません。自分が生きることにどんな意味があるのでしょうか。」

それに対し、医者は、「では、もしあなたが先に亡くなり、奥さんが残されたとしたら、奥さんはどう感じたと思われますか。」と質問します。

老人は、「きっと私が苦しんでいるように、妻も苦しんだと思います。」

医者が言った答えは、「あなたが生きる意味はすでにそこにありますよ。もし、あなたが先に亡くなっていたとしたら奥さんが背負わなければいけない苦しみをあなたが背負うことで、奥さんから苦しみを解放してあげてるんですから。」

老人は涙を流し、医者に「ありがとうございます。」と言った。



これは自死遺族の話ではないけれど、同じことが言えるかもしれない、と思いました。

「仮に死んだのが自分だったとしたら、生き残っていく弟は、その苦しみや悲しみに耐えて生き延びてくれるだろうか。」

自問自答の答えは、「生きていってくれるかもしれない。でももしかしたら、この先もずっと残る辛さや悲しさを抱えながら、生きていける力があるとしたら、自死はしなかったかもしれない。」

ひょっとしたら、自死遺族も、亡くなった本人からそんな苦痛や悲しさをなくしてあげられた、といういう意味で、私達自死遺族が生きる意味が、そこに、片隅にあるのかもしれない、そんなことをふと思いました。

スポンサーサイト
[2013/07/12 05:16] | スタッフのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<デジタルすぎて「幸せ」を見失うと怖いなあ。 | ホーム | for sibsはどんな遺族会にしていこうか。。。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://forsibs.blog.fc2.com/tb.php/37-83b156a4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

for sibs

Author:for sibs
for sibsとはfor siblings(兄弟・姉妹たち)の略です。自死遺族は一人一人さまざまな想いを抱えています。私たちはここ名古屋で、兄弟・姉妹を亡くした人たちのアウトプットの場所を作ろうと思い、自死遺族の二人でこの会を結成しました。

メールフォーム

お問い合わせはコチラ↓

名前:
メール:
件名:
本文:

※誹謗、中傷はご遠慮願います。又、私たちスタッフはカウンセラーや臨床心理士などの医学的プロではなく、あくまで自死遺族のひとりです。メールでのカウンセリング的な相談、質問等には一切お答えできません。また、そのような主旨の内容のメールには一切返信しませんのでご了承ください。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。