for sibs ~兄弟姉妹を自死で亡くした人の語り場 in Nagoya~
私たちは兄弟姉妹を亡くした人同士の「分かち合い」の会の主催を目的として立ち上げた任意団体です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
遺族会とタイミング2)
遺族会に参加してよかった人ばかりではないと思います。二度と来ない人もいると思います。逆に毎回来たい、と思う人もいると思います。

これは仕方ない、避けようのないことです。「遺族会」には「自死遺族」という共通点を持った人が来るのは確かだけど、それぞれが異なる人間であり、遺族会に来る目的も異なるかもしれません。

ある人は、苦しくて、話したくても周りにはわかってもらえない、少しでも救われたい、かもしれない。

また、ある人はあまり深くは考えず、遺族会ってどんな感じだろ、と思って来るかもしれない。

また、ある人は同じ境遇の人と話すこで、心を軽くしたい、かもしれません。

だから、「遺族会」に合う合わないがあるのは避けられないと思います。
個人的には遺族会は、「ひとりで苦しんだり、悩んだり辛い思いを、また亡くした人の思い出を、普段なかなかわかってもらえない話を同じ境遇の人と分かち合うことで心がちょっと癒される」そんなイメージの場所です。

自分が「参加者」の間は、抜けるも来るも自由です。自分に合う遺族会を見つけて行ったり、またもしかすると遺族会という性質自体が合わないのかもしれないし。だったら行かなければいいだけ。

そして、「自分に合う遺族会」も、自分が癒しのプロセスを経ることで、いつかは「合わない遺族会」に変わっていくかもしれません。これはいいことだと思います。

遺族会は、「趣味のサークル」のような「わいわい楽しもう」という性質ではなく、ひょっとしたら自分が「不幸だ…」「救いがほしい」って思っている間だけ参加できる場なのかもしれません。だからある意味、遺族会から卒業できるのは自分が「幸せ」を感じれるようになったから、という人もいるかもしれません。

だからすべては「タイミング」なんだと思います。

by ichika
スポンサーサイト
[2013/07/11 08:44] | スタッフのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<for sibsはどんな遺族会にしていこうか。。。 | ホーム | 遺族会と「タイミング」1)>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://forsibs.blog.fc2.com/tb.php/35-e3422466
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

for sibs

Author:for sibs
for sibsとはfor siblings(兄弟・姉妹たち)の略です。自死遺族は一人一人さまざまな想いを抱えています。私たちはここ名古屋で、兄弟・姉妹を亡くした人たちのアウトプットの場所を作ろうと思い、自死遺族の二人でこの会を結成しました。

メールフォーム

お問い合わせはコチラ↓

名前:
メール:
件名:
本文:

※誹謗、中傷はご遠慮願います。又、私たちスタッフはカウンセラーや臨床心理士などの医学的プロではなく、あくまで自死遺族のひとりです。メールでのカウンセリング的な相談、質問等には一切お答えできません。また、そのような主旨の内容のメールには一切返信しませんのでご了承ください。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。