for sibs ~兄弟姉妹を自死で亡くした人の語り場 in Nagoya~
私たちは兄弟姉妹を亡くした人同士の「分かち合い」の会の主催を目的として立ち上げた任意団体です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
for sibsの今後1)
兄弟姉妹の自死遺族の会を作りたい、そう思ったはじめのきっかけは、弟を亡くしてから特に、心理学に興味を持ち始め、数年前、「心理学」を学ぶためにもう一度大学に行き、大学院に行き、「臨床心理士」の資格をとってカウンセラーになりたい、と思ったことでした。

自分の専攻してきた学部とは全く違う分野に進学することには抵抗はありませんでした。

あれこれ調べ、志望校も決めていた状態で、ふと気付きました。

「なぜ私は臨床心理士になりたいんだろう。」

「カウンセラーとして人の心を少しでも救いたい。」

いや、これは私の本心ではないことに気付きました。私の本心は、「苦しんでいる人の話を聞き、分かち合いことで自分が救われたい」だったと。

つまり、「共感」によって自分が救われたいのだと気付きました。

そんなとき、ふと「だったら、臨床心理士にならなくてもできるじゃん。まだ兄弟姉妹の自死遺族の会は名古屋にない。私がやりたいことは必死で勉強して『臨床心理士』になることではなく、単に自分が救われる場が欲しかったんだ。」と気付くと、心理学系へ進学するという数年の夢はあっさり消えました。

by ichika
スポンサーサイト
[2013/07/07 05:15] | スタッフのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<for sibsの今後2) | ホーム | 「手放す」ということ>>
コメント
そうなんですよね。私達が会をするのは、自分の為だと思っています。別に、臨床心理士にならなくても、大丈夫なんです。分かち合う事って色々な可能性を秘めていますから。やはり、人を救いたいという精神は、遺族会の真の目的ではないと自分は考えています。
[2013/07/07 05:45] URL | 愛 #- [ 編集 ]
この考えに行きつくまでに、ほんまいろんな大学や講座を調べました。

今は「社会貢献」という言葉を自ら言うのは嫌いです。「社会貢献」て「自己犠牲にしてまでほんとうにしたいの?」って思ってしまいます。自分がほんとに好きでやったことで誰かが喜んだなら、それでいいじゃん、喜ばなくとも、だれにも迷惑かけなければそれでいいやん、と思っています。

by ichika
[2013/07/07 22:25] URL | nue #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://forsibs.blog.fc2.com/tb.php/32-6f7cc28e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

for sibs

Author:for sibs
for sibsとはfor siblings(兄弟・姉妹たち)の略です。自死遺族は一人一人さまざまな想いを抱えています。私たちはここ名古屋で、兄弟・姉妹を亡くした人たちのアウトプットの場所を作ろうと思い、自死遺族の二人でこの会を結成しました。

メールフォーム

お問い合わせはコチラ↓

名前:
メール:
件名:
本文:

※誹謗、中傷はご遠慮願います。又、私たちスタッフはカウンセラーや臨床心理士などの医学的プロではなく、あくまで自死遺族のひとりです。メールでのカウンセリング的な相談、質問等には一切お答えできません。また、そのような主旨の内容のメールには一切返信しませんのでご了承ください。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。