for sibs ~兄弟姉妹を自死で亡くした人の語り場 in Nagoya~
私たちは兄弟姉妹を亡くした人同士の「分かち合い」の会の主催を目的として立ち上げた任意団体です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
「手放す」ということ
何かを「手放す」って人によって難しかったり、簡単だったり。

「迷った」ものを取っておく人、捨てる人、ここはほんと人によって違って、意外な人が意外な選択すると、意外な一面、なんて思ったり。

私は基本的に「いるものだけ取っておく」ので、他は処分しちゃいます
(*´`*)☆

でも、一度だけ「使わないけど捨てたくない」ものがありました。

弟が亡くなった後の弟の部屋。私はそのまま残したかった。ベッドから出たままの布団の脱け殻や、散らばったCDやレコード、大好きだった服…。弟の気配が残る気がして。

結局、ほとんどすべて「形見分け」のかたちで処分しました。

「残しておくということはいつまで経っても苦しいよ」という意見を聞き、今は私が弟の部屋を使ってます。

でも、今でもたまに今まで何年も気付かなかったのに、あ、こんなところに汚れが、とかカーテンぼろぼろじゃん、とか。でも今はまだそのままにしておきたい。

私が残したものは
★私が選んだ弟の厳選写真集
★弟の直筆(たった2文字)
★弟にもらったピアス
★弟が普段から、また亡くなった時も身に付けていたアクセサリー

これだけですが、これが私にとって弟の生きた証。

部屋自体は、そのままにせず形見分けしたのは、今はよかったと思います。きっとこれも人によるんでしょうね。

by ichika
スポンサーサイト
[2013/07/03 11:00] | スタッフのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(2) |
<<for sibsの今後1) | ホーム | 『生を死を見つめて』講演会>>
コメント
自分は、全部、とっておきたくなりますね。本当、人それぞれです。大切にしているのを、きっと、喜んでおられると思いますよ。
[2013/07/03 19:16] URL | 愛 #- [ 編集 ]
愛さんは、そうなんですね◎

たまに財布など窃盗事件を聞くと悲しくなります。私も盗まれたことありますが、財布の中には、形見や初恋の人の直筆…、なんて自分にしかわからない宝物を入れてる人もいるので、…それ私ですが、盗む方はごみ同然にたぶんお金以外は容赦なく捨てて…、窃盗する人はせめてお金以外の「本人が捨てられないもの」があることを理解し、返してほしいです。
[2013/07/05 06:11] URL | nue #- [ 編集 ]
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://forsibs.blog.fc2.com/tb.php/31-3a8b6daa
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

for sibs

Author:for sibs
for sibsとはfor siblings(兄弟・姉妹たち)の略です。自死遺族は一人一人さまざまな想いを抱えています。私たちはここ名古屋で、兄弟・姉妹を亡くした人たちのアウトプットの場所を作ろうと思い、自死遺族の二人でこの会を結成しました。

メールフォーム

お問い合わせはコチラ↓

名前:
メール:
件名:
本文:

※誹謗、中傷はご遠慮願います。又、私たちスタッフはカウンセラーや臨床心理士などの医学的プロではなく、あくまで自死遺族のひとりです。メールでのカウンセリング的な相談、質問等には一切お答えできません。また、そのような主旨の内容のメールには一切返信しませんのでご了承ください。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。