for sibs ~兄弟姉妹を自死で亡くした人の語り場 in Nagoya~
私たちは兄弟姉妹を亡くした人同士の「分かち合い」の会の主催を目的として立ち上げた任意団体です。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[--/--/-- --:--] | スポンサー広告 |
弟。
弟は、なぜ精神科や心療内科にかからなかったんだろう。

とはいえ、おそらく弟は仮面うつ…だったのだろう。

弟が「東京に出る」といってひとり家を出た後、理想の東京は現実とは違いすぎて、失望はそこからすでに始まっていたのかも…。

思い描いていた仕事がなかなか見つからず、とりあえず働ける所で働いて、その時住んでいた寮の写真を後で見たとき、なぜかわからないけど「孤独感」が伝わってきた。

たまに「おかん、元気?」って電話かかってきて、「おかんは今まで苦労してきたから、俺が幸せにしたい。」よく言ってた。

数ヵ月後、名古屋に戻ってきて、理想の仕事を見つけ、働き始めた。とても楽しそうで、でも他のスタッフに追い付きたくて、家で一生懸命復習したり、練習したりしていた。その姿がかわいくて。

弟の死後、弟の働いていたアパレルショップに行った。弟はよく、「家族自慢(悪口じゃなくて)、おかんを幸せにしたい。お姉はすごい。」とか、言ってたらしい。ショップに一枚の絵が掛かっていて、それは弟が店長さんに、って書いたものらしい。

弟は絵を描くのも好きだった。

何を着てもうまく着こなす、そんな魅力があった。

お客さんにも受けがよく、弟の周りにはいつも仲間がいた。

弟が東京から戻ってきたとき、母と私それぞれに、アクセサリーをくれた。その袋に、「おね」(お姉の意味)と書いてあって、それは私が唯一残した弟の直筆だ。

弟がどんな気持ちで東京で過ごし、「いいアクセサリーの店を見つけたから」と、どんな気持ちで選んでくれていたんだろう。

何年経った今でも、まだほんの最近のことのようで…なんでこんなことになっちゃったんだろう。

やっぱりドラゴンボールが欲しい
.゚・(PД`q)・゚.
スポンサーサイト
[2013/06/24 06:51] | スタッフのつぶやき | トラックバック(0) | コメント(0) |
<<impressive1) | ホーム | 入院して学んだこと>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://forsibs.blog.fc2.com/tb.php/27-39f779c0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
プロフィール

for sibs

Author:for sibs
for sibsとはfor siblings(兄弟・姉妹たち)の略です。自死遺族は一人一人さまざまな想いを抱えています。私たちはここ名古屋で、兄弟・姉妹を亡くした人たちのアウトプットの場所を作ろうと思い、自死遺族の二人でこの会を結成しました。

メールフォーム

お問い合わせはコチラ↓

名前:
メール:
件名:
本文:

※誹謗、中傷はご遠慮願います。又、私たちスタッフはカウンセラーや臨床心理士などの医学的プロではなく、あくまで自死遺族のひとりです。メールでのカウンセリング的な相談、質問等には一切お答えできません。また、そのような主旨の内容のメールには一切返信しませんのでご了承ください。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。